乗り物

自転車の止め方

自転車の止め方

自転車は気軽に乗れますが、最近駐輪場に止めなければならない地域も出てきました。都会や駅付近は人通りが多く自転車を放置したままですと、景観がよくないばかりでなく通行の妨げになることもあります。きちんと止めていればいいのすが、列からはみ出したようなとめ方になっている場合もあります。そうなると服をひっけたり、つまずいたりする人が出てきます。体が不自由な人が通る場合はさらに危険度が増してしまいます。さまざまな事情が重なって駐輪場に止めることになっているエリアが増えてきたというわけです。自転車を止めるときは盗難にも注意したいところです。カギをかけることが基本になりますが、カギの数を複数にすると盗まれにくくなります。カギの種類によってはひとつだけだと簡単に壊すことができ、そのまま乗っていかれてしまいます。泥棒はカギが2つ以上ある自転車を見ると盗むのを諦めることが多くなるという説明をどこかで読んだことがあります。時間をかけて盗もうとすると、誰かに目撃される確率も上がってきてしまいます。泥棒だって通報されたり、つかまったりしたくはないでしょう。愛着のある自転車を盗まれないようにするためにも、カギをかけるのを忘れないようにしてください。

関連記事

  1. 自転車もときどきはチェック 自転車もときどきはチェック
  2. 自転車に乗ろう 自転車に乗ろう
  3. 27 鉄道オタクの種類(乗り鉄や撮り鉄や車両鉄など)
  4. ハイブリッド車 ハイブリッド車
  5. 22 車を趣味にしよう
  6. 26 鉄道を趣味にしよう
  7. 24 バイクを趣味にしよう
  8. 25 バイクが趣味な男の人のメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 負荷のかけ方
  2. 66
  3. 13
64
  1. 36
  2. 48
  3. 10
  4. 38
  5. 50
  6. 43

おすすめ記事

83 AV女優
PAGE TOP