筋トレ

負荷のかけ方

負荷のかけ方

筋トレをして体つきを変えたい、そういう気持ちになることは誰にでもあります。女性より男性のほうが筋肉がつきやすいと言われますが、筋トレメニューをきちんとこなさないと時間をかけたわりに効果が感じられないという結果になります。ただ単にがむしゃらになって行えばよいというものでもありません。マシーンや器具を使って筋トレをすることが多くなりますが、曲げたり伸ばしたりの繰り返しを10回から15回できるぐらいの負荷を与えることを目安にしてみてください。この10回から15回の動作を1セットとし、5セット前後行ってみるといいでしょう。初めてのときやまだ体が慣れていない段階の時は5セット続けることが難しい場合もあります。そういった場合は3セットか4セットに数を減らしたりして加減してみてもいいでしょう。これなら続けられるという実感を持つことも大切です。続けられなければ意味がないからです。最初のうちは次の日に筋肉痛が出たりすることがよくありますが、何度も行っているうち筋肉痛があまり気にならなくなってくるはずです。考えようによっては筋肉痛はきちんと筋トレをしたことの証と捉えることもできます。軽い筋肉痛が出ることを目標にして負荷の大きさを決めることもできます。

関連記事

  1. 30 身体を鍛えよう
  2. たんぱく質を十分とる たんぱく質を十分とる
  3. 腕立て伏せ 腕立て伏せ
  4. 82 筋トレの始め方
  5. プロティンを飲む人も プロティンを飲む人も
  6. 31 身体を鍛えることによるメリット
  7. 適度な運動量 適度な運動量
  8. 右も左も鍛える 右も左も鍛える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 80
  2. 11
  3. 3
40
  1. 19
  2. 11
  3. シャルム目黒
  4. コスプレ店もある
  5. 43
  6. 73

おすすめ記事

63 人妻と遊んで不倫気分
PAGE TOP