風俗

ピンサロを利用しよう

56

風俗の業種で最も安価で遊べるのがピンクサロンです。
店舗を構えているタイプであり、遊ぶ場合はネットで店の位置を事前に調べる、あるいは看板が店の前に出ているのでピンクサロンだと分かります。
また、法律上は風俗ではなく飲食店として扱われているため、必ず飲料がお客様に対して提供されます。
利用方法としては先述の通り、店をネットなどで探すことから始まります。
ピンクサロンは各店舗によってルールが異なることが多く、電話で事前に店のルールを確認しておいた方が良い場合もあります。
特に多いのが女性が服を脱がずにサービスを行うことがあり、それに対して異議を申して立てても通用しません。
なのでトラブルなく利用したい場合は億劫にならず、電話でシステムや料金を確認するのが賢明です。
ルールと同じくサービス内容も店舗によって異なっています。
フェラや手コキだけで終わる店もあれば素股を行う店まで存在し、デリヘルやヘルスに似たサービスを提供する場合があります。
一方、全てのピンクサロンに共通することは個室がないことです。
基本的に大きな部屋を仕切りなどによって分け、お客様と女性の2人が入れるスペースを数カ所に作っています。
スペースには椅子が設けられているので座ってサービスを受けることが可能です。
そして店内は大音量で音楽が流れており、会話は意識すれば聞き取れることができるレベルです。
そして照明は明るくなく薄暗い環境となっています。
したがってサービスを提供してくれる女性の顔をハッキリとは判別できず、良くも悪くも想像力が働く環境となっています。
しかし、大多数のピンクサロンは花びら回転といったシステムを使っており、1人の女の子が時間終了までサービスしてくれることは稀です。
なので顔を判別しようとしてもすぐに別の女性に切り替わってしまうこともあるため、深く考えない方が良い場合もあるかもしれません。
料金は格安と言われているだけはあり、30分で4000円前後となっています。
高い店であれば6000円以上の料金が発生しますが、基本的には4000円前後で遊べるので問題はありません。
提供される飲料は別料金であるかは店によって異なっています。
ヘルスやデリヘルが60分で15000円前後が相場であることを踏まえると、ピンクサロンが他に比べて非常に安いことが窺えます。
短い時間で素早くサービスを楽しみたい場合、業種の中では最も適している風俗であると言えます。

関連記事

  1. 69 童貞でもエロいことがしたいなら風俗に行こう
  2. マニアが好きな風俗 マニアが好きな風俗
  3. 57 ホテヘルという業態もある
  4. 55 ソープに行こう
  5. 53 店舗型風俗店を利用しよう
  6. 74 指名料、本指名って何?
  7. 58 自分の好みの女の子とイチャイチャ出来る
  8. 62 妄想を具現化させたいのならイメクラに行こう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 10
  2. 24
  1. マニアが好きな風俗
  2. 13
  3. 24
  4. 37
  5. 69

おすすめ記事

4 パチンコ屋紹介(ジャラン五反田店)
PAGE TOP